【あの人が買ったメイドインニッポン】#22 映画監督・河瀨直美さんの“私が作るおすすめのもの”

中川政七商店ラヂオ

16-02-2024 • 19分

ゲストは引き続き、映画監督の河瀨直美さん。今回は、「私が作るおすすめメイドインニッポン」についてのお話です。

それでは早速、聴いてみましょう。


[河瀨直美さんの愛着トーク]

・自分で作った『FIVE SENSES 703』の紅型(びんがた)小物

・703は「なおみ」?

・聖火ランナーを追いかけた縁で、沖縄の島々を巡り出会った

・20代でも持てるような紅型入り口を作りたくて

・琉球柄に、奈良の鹿や正倉院文様を盛りこんだ遊びのある柄

・心地好い暮らしとは、手間ひまがかかっているものに囲まれて生活すること

・生き物であるグリーンに囲まれるとエネルギーを交換できる

・アンテナを張っていないと、道端に咲いている花には気づけない

・日常の中にある物語を映画に

・2024年は映画を撮影する予定!


ゲストが選んだメイドインニッポンの写真は、中川政七商店公式サイトの特集ページで公開しています。

https://story.nakagawa-masashichi.jp/260883

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - -

河瀨直美

生まれ育った奈良を拠点に映画を創り続ける映画作家。一貫した「リアリティ」の追求はドキュメンタリーフィクションの域を越えて、カンヌ映画祭をはじめ、世界各国の映画祭での受賞多数。世界に表現活動の場を広げながらも故郷奈良にて、2010年から「なら国際映画祭」を立ち上げ、後進の育成にも力を入れる。東京2020オリンピック公式映画総監督、2025年大阪・関西万博のプロデューサー兼シニアアドバイザーを務める他、CM演出、エッセイ執筆などジャンルにこだわらず活動を続ける。


MC:高倉泰

中川政七商店 ディレクター。日本各地のつくり手との商品開発・販売・プロモーションに携わる。産地支援事業 合同展示会 大日本市を担当。古いモノや世界の民芸品が好きで、奈良町で築150年の古民家を改築し、 妻と二人の子どもと暮らす。山形県出身。日本酒ナビゲーター認定。風呂好き。ほとけ部主催。最近買ってよかったものは「沖縄の抱瓶」。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - -

「あの人が買ったメイドインニッポン」とは?

お買いもののまなざしが気になるゲストをお迎えして、愛用するメイドインニッポンのものをご紹介いただきます。ゲストの愛用品を起点に語られる暮らしのエピソードをのぞき聴きしてみませんか。

--- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/3mjh5k5q3tg/message