#31 「AIはナリワイにどのような変化を与えるか?」

ナリワイ暮らし

30-05-2023 • 28分

前回予告した通り、今回のテーマは「AI」。

日本で拡がる条件、AIの精度、人間に残したい部分など、AIを軸に様々な話題と繋げていきます。

-----

今回の内容要約も、前回と同じく文字起こし⇒ChatGPTによる要約で行いました。

よりリアルを感じてもらうために、特に編集せず載せておきます。

「あなたはプロのコピーライターです」と伝えたら、少し出力の傾向が変わりました。

-----

13時から15時、許されざる時間帯。

休日の家事とポッドキャスト、意外な相性の良さ。

キャピキャピよりも落ち着いた声、聞き手の心をくすぐる。

中国語ASMR、未知の世界への一歩。

かつての遊び、セカンドライフへの課金。

新興AIサービス、好奇心を刺激する一方でポケットは寂しい。

マクドナルド、かつての180円バーガーはどこへ?

月々1000円、それとも一度にマクドナルドのセット?

Ubereatsのライダー、食事の運命を運ぶ。

ラーメン対マクドナルド、選択はあなた次第。

サンドイッチカフェとマクドナルド、二者択一の選択肢。

新しいAIサービス、ユーザの期待を超えるか、それとも裏切るか。

チャットGPT、予想外の答えが返ってくる驚き。

AIのブラックボックス、人間の興味を引く未知の領域。

アルゴリズムの優先順位、理解することは可能なのか?

AIとジブリ風味、予測不能な結果が生まれる。

AIによる画像生成、その精度は人間の感性にどこまで迫れるか。

遺伝子検査サービス、自分の性格を科学的に解明。

遺伝子の傾向、自己理解の新たな道具。

人間の自己探求、科学と感情の間で揺れ動く。

日本風のローカライズされたサービスは使いやすさが際立つ。

ジーンライフやチャットGPT、ミットジャーニーなどがその一例。

テクノロジーに特化したサービスへの出会いが増え、自分で周辺情報を調査してサービスを利用する必要性が高まっている。

ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)やChatGPTなど、定型的な作業の自動化に役立つツールの使用が増えている。

ChatGPTの潜在能力を見て、見出しやキャッチフレーズを生成するなどの応用が可能であることを確認。

ローカライズの改善を続けることで、日本向けのサービスがさらに便利になる可能性がある。

個々のユーザーに合わせた情報のカスタマイズが求められているが、現状では個人情報の収集と分析が難しい。

個人情報の収集と分析によるサービスのカスタマイズが将来的には可能になる見通し。

AIと人間のやり取りから新たな視点が生まれ、遺伝子検査のようなテーマが浮かび上がる。

VRを使ったサーベイは、バイアスを省き、本人の真実を引き出す可能性を秘めている。

AIの活用方法は無限大で、中央値を求める人にも、それ以外を求める人にも対応可能。

Google検索とは異なり、GPTチャットはキュレーション機能を備え、個々のニーズに合わせた情報を提供。

AIは進化し続け、個々の利用者にカスタマイズされるオンライン秘書として機能する日が近い。

AIは特定のルールを学ぶ能力があり、例えば、特定の語尾や頭文字を使用するなどの特殊な要求にも対応可能。

村上春樹風に文章をリライトするなど、特定のスタイルを模倣するAIの可能性、ただし現時点では精度はまだ不十分。

白石麻衣さんと同じような判断ができるAI、それが可能になるか?

個々の好みを汲み取るAI、その利用法について期待大。

好みに基づく推薦システム、その進化は10年後に実現?

AmazonやYouTubeの推薦、その精度にはまだ課題あり。

アーティストの選択から新しい提案、AIの"センス"が求められている。

友達以上に理解してくれるAI、しかし人間に残したい部分も。

不動産契約のUI、デジタル化が進む未来に期待。

Web3.0、情報取得ツールの進化はChatGPTが担うかも?

UIの変革、文字から音声への移行が進むか?

--- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/nariwaigurashi/message