松原タニシの恐味津々

MBSラジオ

事故物件住みます芸人松原タニシが「恐怖」をテーマに各界で活躍する人々にインタビューする対談番組。 read less
社会・文化社会・文化

エピソード

"トラウマテクノポップ"は何故生まれた?『自分教』との向き合い方も語る「松原タニシの恐味津々」第百五十一回【対談相手:松永天馬(アーバンギャルド)】
25-02-2024
"トラウマテクノポップ"は何故生まれた?『自分教』との向き合い方も語る「松原タニシの恐味津々」第百五十一回【対談相手:松永天馬(アーバンギャルド)】
事故物件住みます芸人の松原タニシが 「恐怖」をテーマに 各界で活躍する著名人と対談する番組。 今夜の対談相手は・・・ テクノポップユニット「アーバンギャルド」の ボーカル・松永 天馬さんです。   1982年、東京都出身。 学生時代から詩や演劇、 映像作品での活動を経て、 2007年から「アーバンギャルド」としての活動を開始。   「死」や「病」といった、 毒を含んだ歌詞をポップサウンドに乗せて 歌い上げるその世界観は、 日本のサブカルチャーの代表格として 現在も多くの人々の心を惹きつけています。 また個人としても、小説の執筆や映像監督、 教育番組への出演など 多岐にわたる活動をされています。   そんな松永さんとの 対談をお聴きいただくのですが… ◎ファン層も似ている?サブカルとオカルトの共通点を考察 ◎"トラウマテクノポップ"って何?17年目の「アーバンギャルド」に迫る ◎憧れでもあり恐怖…松永さんが抱えるトラウマとは? ◎生きづらい二人が"自分教"との向き合い方を語る 最後までどうぞお楽しみに。 ※アーバンギャルド 最新アルバム『メトロスペクティブ』2/28(水)発売!詳細はこちら→ https://www.urbangarde.net/post/metro #松原タニシ #松永天馬 #アーバンギャルド #メトロスペクティブ #MBSラジオ
最新妖怪『ムネチカくん』って誰?国によって違う怪異を比較してみた「松原タニシの恐味津々」第百四十九回【対談相手:朝里樹(作家)】
11-02-2024
最新妖怪『ムネチカくん』って誰?国によって違う怪異を比較してみた「松原タニシの恐味津々」第百四十九回【対談相手:朝里樹(作家)】
事故物件住みます芸人の松原タニシが 「恐怖」をテーマに 各界で活躍する著名人と対談する番組。 今夜の対談相手は・・・ 作家の朝里 樹さんです。 1990年、北海道出身。 法政大学 文学部を卒業後、 公務員として勤務するかたわら 自ら怪異や妖怪に関する 情報の収集・研究を開始。 その結果をまとめた同人誌 『日本現代怪異事典』がマニアの間で人気を博し、 2018年には書籍化されました。 以後、『歴史人物怪異談事典』 『世界現代怪異事典』『創作怪異怪物事典』など 怪異に関する書籍を多数出版。 また昨年は、自らが監修した 『大迫力!異常存在SCP大百科』が 大きな話題を呼びました。 そんな朝里さんとの 対談をお聴きいただくのですが… ◎平安時代の事故物件『河原院』の歴史 ◎オススメの現代妖怪『ムネチカくん』の正体とは?学校の怪談のヒミツにも迫る ◎作家と公務員の二刀流!『現代怪異辞典』が生まれた経緯 ◎国によって"怪異"は違う?各国の特徴を比較してみた 最後までどうぞお楽しみに。 #松原タニシ #朝里樹 #日本現代怪異事典 #MBSラジオ
ベーシストは怪談好き?マネージャーならではの恐怖とは?謎多き漫画家が語る不可思議な体験 「松原タニシの恐味津々」第百四十五回【対談相手:劔樹人(漫画家・ベーシスト)】
14-01-2024
ベーシストは怪談好き?マネージャーならではの恐怖とは?謎多き漫画家が語る不可思議な体験 「松原タニシの恐味津々」第百四十五回【対談相手:劔樹人(漫画家・ベーシスト)】
事故物件住みます芸人の松原タニシが 「恐怖」をテーマに 各界で活躍する著名人と対談する番組。 今夜の対談相手は・・・ 漫画家・ベーシストの劔 樹人さんです。 1979年、新潟県出身。 大学在学中にベーシストとしての活動を開始。 その活動の傍ら、「神聖かまってちゃん」等の バンドのマネージャー業に携わります。 また、2014年には自身の半生を描いたエッセイ 『あの頃。男子かしまし物語』を執筆、 映画化もされました。      そして昨年8月には、ミュージシャンたちが 実際に体験した"あり得ない"話を集めた コミックエッセイ『怪のリディム』を出版。 オカルト界隈からジワジワと 注目を集めている存在でいらっしゃいます。 そんな劔さんとの 対談をお聴きいただくのですが... ◎怪異現象の起きる自宅...つぶやきから迷い込む不可思議な世界 ◎新潟のホラースポット?劔さんが知る「カギ屋敷」とは ◎フェスティバルゲートの噂、ベーシストは怪談好き?バンドマンのホラーあるあるを語る ◎理不尽すぎる!マネージャー時代の恐怖体験 最後までどうぞお楽しみに。 ※劔樹人さん著書『怪のリディム』発売中!詳細はこちら→ https://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594095239
ベストセラー作家の身に起きたシンクロ体験!『恐い間取り』の文学的魅力も語る 「松原タニシの恐味津々」第百四十三回【対談相手:高野和明(小説家)】
31-12-2023
ベストセラー作家の身に起きたシンクロ体験!『恐い間取り』の文学的魅力も語る 「松原タニシの恐味津々」第百四十三回【対談相手:高野和明(小説家)】
事故物件住みます芸人の松原タニシが 「恐怖」をテーマに 各界で活躍する著名人と対談する番組。 今夜の対談相手は・・・ 小説家の高野 和明さんです。 1964年、東京都出身。 映画・テレビの撮影スタッフの活動を経て、 1996年から小説の執筆活動を開始。 2001年のデビュー作『13階段』をはじめ、 『6時間後に君は死ぬ』『ジェノサイド』など 数々のミステリー小説を世に送り出しています。      そして、2022年にはおよそ11年ぶりの 新作『踏切の幽霊』を発表。 疾走感がありながらも 緻密に組み立てられた物語は 多くの人の心を揺さぶっています。 そんな高野さんとの 対談をお聴きいただくのですが... ◎ベストセラー作家が語る、『恐い間取り』の文学的魅力 ◎寝る前の読み聞かせは怪談!小2から中岡俊哉!ホラー漬けの幼少期を語る ◎"シンクロニシティ"を体験?ホラー小説の執筆中に起きた衝撃の出来事 ◎新作『踏切の幽霊』は41年前に完成していた!? 最後までどうぞお楽しみに。 ※高野和明さん新刊『踏切の幽霊』発売中!詳細はこちら→ https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163916330
"歩く雑誌"のまっすぐ過ぎるオカルト愛!「初恋芸人」で曝け出した人生の苦悩とは 「松原タニシの恐味津々」第百三十九回【ゲスト:中沢健(作家・UMA研究家)】
03-12-2023
"歩く雑誌"のまっすぐ過ぎるオカルト愛!「初恋芸人」で曝け出した人生の苦悩とは 「松原タニシの恐味津々」第百三十九回【ゲスト:中沢健(作家・UMA研究家)】
事故物件住みます芸人の松原タニシが 「恐怖」をテーマに 各界で活躍する著名人と対談する番組。 今夜の対談相手は・・・ 作家・UMA研究家の中沢 健さんです。 1981年、茨城県出身。 作家・脚本家として活動する傍ら、 2001年より普段着に 自作のキャラクターのイラストや 俳句、詩などを貼り付けた 「歩く雑誌 月刊中沢健」として パフォーマンス活動を開始。 その活動がテレビ番組を中心に 数々のメディアで取り上げられるように。 また、自身の趣味が高じて UMA研究家としても活動。 UMAについての自説を発表し続けている他、 自身のその奇抜な格好から 「動く待ち合わせ場所」として 多くの人に知られる存在となっています。 そんな中沢さんとの 対談をお聴きいただくのですが... ◎生まれた時から妖怪好き!中沢少年のまっすぐ過ぎるオカルト愛 ◎幽霊を見るための行列に並ぶ?唯一無二の不思議体験 ◎なぜ「歩く雑誌」に?今になって感じるメリット・デメリット ◎恋愛はミステリー?自らの人生を曝け出した「初恋芸人」を語る 最後までどうぞお楽しみに。