冤罪なのか?それとも?狭山事件前半、1963年5月1日発生。当時16才女子高生が失踪し、その後遺体で発見された事件。今なお冤罪が疑われている。

さむいぼラジオ〜ニッポンのタブー〜

12-02-2024 • 33分

1963年5月1日、埼玉県狭山市で女子高生が失踪、家には身代金を要求する脅迫状が届く、家族と警察は犯人の要求する場所は行くが、犯人を取り逃がしてしまう。その後逮捕された石川一雄さんは無期懲役の判決で32年服役。しかし今でも無罪と冤罪を主張している。