上質な観察力~感度を鍛える読書~Vol.1 『Takramディレクター、渡邉康太郎さんが手掛ける“コンテクストデザイン”とは?』

THIS IS US Powered by SAISON CARD

17-11-2023 • 10分

今回のテーマは<上質な観察力〜感度を鍛える読書>


一見、実社会では役に立ちそうもない文学や哲学の本。

しかし、それらは読む人の感性を磨き、

観察力、創造力の基盤になるのではないでしょうか?


今回、お話を伺うのは、

世界を舞台に活躍するデザインエンジニアリング集団、

Takramのディレクター、

渡邉康太郎さんです。

“コンテクストデザイン”という独自の手法で、

企業のビジョン策定やブランディングを手がける一方、

母校の慶應義塾大学で教鞭をとり、

J–WAVEのラジオ番組ではナビゲーターを務めるなど、

その活動は、多岐にわたり、ご活躍されています。


今回、「ものがたり」が生まれる「ものづくり」をテーマに創作活動を行う渡邉さんに、

全4回にわたって、クリエイティビティを刺激する読書術についてお話を伺います。


第1回目。

まずは、渡邉さんの膨大な知識と豊かな感性はどう形づくられたのか、

そして、渡邉さんが手掛ける、企業のビジョン策定やブランディングを手がける、

“コンテクストデザイン”というお仕事について、お話を伺いました。