岸政彦の20分休み

聴くテレ朝

「岸政彦の20分休み」

何をしていても、何もしなくても良かった、小学校の20分休み。大人になって無くなってしまったそんなスキマ時間を謳歌するための番組ができました~
社会学者で小説家の岸政彦が20分休みで話すのは、爆笑も教訓もない、気づきも学びも多分ない、でもなんか心に残る話。話を聞いて、だからなんやねん、と笑い、人間ってそういうとこあるよなぁ、とまた笑う。ありふれていて、どこにでもある「かけがえのない人生」の話を、ここで一緒にまるごと抱きしめませんか?

毎週火曜日最新話配信

▽ 番組へのメッセージはこちら
https://www.tv-asahi.co.jp/podcasts/#opinion
もしくは #岸政彦の20分休み をつけてSNSでポストしてください

▽岸政彦 プロフィール
1967年生まれ。社会学者、小説家。生活史を専門に、社会で生きる一人ひとりに会い、人生の語りを聞き取る調査を続ける。著書に『同化と他者化――戦後沖縄の本土就職者たち』『街の人生』『断片的なものの社会学』(紀伊國屋じんぶん大賞2016受賞)『ビニール傘』『マンゴーと手榴弾――生活史の理論』『図書室』『地元を生きる――沖縄的共同性の社会学』(共著)『リリアン』(織田作之助賞受賞)『東京の生活史』(編書、毎日出版文化賞、紀伊國屋じんぶん大賞2022受賞)『生活史論集』(共著)『にがにが日記』など。
▽Twitter(現X 意地でもTwitterと呼びます)
https://twitter.com/sociologbook

read less
社会・文化社会・文化

エピソード

#8  右手はな、音楽にノって適当にやるんや
6日前
#8 右手はな、音楽にノって適当にやるんや
引き続き自宅のリビングで収録している岸さん。ついに、おさい先生が2階から降りてきてくれました!「この間台湾行きましたね、どうでしたか?」開始早々、今年2月に行った台湾の話題を投げかける岸さんと、絶対に喋らないという強い意志を持つおさい先生の、可愛らしい攻防が始まります。番組後半では、ついつい笑みが溢れるようなエピソードもご紹介。必死で笑いを堪えるおさい先生に「僕の番組に協力してくださいよぉ」と岸さん。そんな、お二人の掛け合いが目に浮かぶ、温かな20分休みをお過ごしください〜(3月上旬に収録)***台湾東部沖で発生した地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。また、被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。皆様のご安全と一日も早いご復興をお祈り申し上げます。***今日のお話遅刻の理由/石と着メロ「岸政彦の20分休み」毎週火曜日お昼に配信中▽ 「なぜか心に残る話」はこちらからお寄せください!https://www.tv-asahi.co.jp/podcasts/#opinionもしくは #岸政彦の20分休み をつけてSNSでポストしてください岸政彦 Twitter(現X 意地でもTwitterと呼びます)https://twitter.com/sociologbookSee omnystudio.com/listener for privacy information.