AIvism

Camp@Us

AIvism【AI進化時代の音声配信とソーシャルメディア】 Investigate trends in voice input, audio streaming, podcasting, and social media to provide information on the latest developments. 有料エピソードは試し聴き(プレビュー)ができます。 LISTENで購入すると音声とともに文字起こしされたテキストを読むことができます。 全番組プレイリストをフォローする https://listen.style/pl/10/Camp@Us+Map ▷投げ専 nagesenでこの番組を応援する https://listen.style/p/nagesen/jmewnzjv はじめる Camp@Us |LISTEN https://listen.style/u/campus はじめる Pod Camp@Us |YouTube https://www.youtube.com/@Camp_us_6214 — Camp@Us presents— note https://note.com/takahashihajime/ blog https://jimt.hatenablog.com/ Threads https://www.threads.net/@hajimetakahashi Discord https://discord.gg/Rcc8aW3yKM X https://twitter.com/hajimeru_radio Camp@Us http://lit.link/campus6214 Guest House; minpaku https://campus6214.blogspot.com/ Airbnb https://airbnb.jp/h/campus6214 ——つながるきづくまなぶであう—— request form https://forms.gle/aqLawj4Hav29C5Zq5 read less
テクノロジーテクノロジー

エピソード

声日記を4象限で考える ④《声日記にもいろいろある》|四象限de D04
06-05-2024
声日記を4象限で考える ④《声日記にもいろいろある》|四象限de D04
声日記には様々なタイプがあります。インタラクションをあまり求めない声日記の存在も4象限で考えてみると納得がいきます。声日記にもいろんなタイプがあることを前提にフレキシブルに考えて楽しめるといいですね。今後の展開が楽しみです。① 更新頻度/個人性と社会性声日記を4象限で考える ①|四象限de D01|LISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。② 垂直性と水平性/リスナーと配信者声日記を4象限で考える ②|四象限de D02|声日記をパーソナル・ソーシャルと位置づけると、声日記の旧来のポッドキャストとの違いが鮮明化します。また、文字配信やダイアリーなどとの関係性も考慮し、配信者とリスナーの関係は水平なのか垂直なのかを考えます。③ RSS配信の有無/SNSトークとレクチャー声日記を4象限で考える ③|四象限de D03|「声日記を4象限で考える」のその3をやります。RSS配信の有無はもちろん、SNSトークとレクチャーというタイトルにしています。これまで、「声日記を4象限で考える」のその1とその2をやってきました。まだご覧になっていない方は、その3、その4も続きますので、お楽しみにしていただければと思います。Playlist【4象限】四象限de 04-V|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。 LISTENで開く
声日記を4象限で考える ③《RSS配信の有無/SNSトークとレクチャー》|四象限de D03|
09-04-2024
声日記を4象限で考える ③《RSS配信の有無/SNSトークとレクチャー》|四象限de D03|
「声日記を4象限で考える」のその3をやります。RSS配信の有無はもちろん、SNSトークとレクチャーというタイトルにしています。これまで、「声日記を4象限で考える」のその1とその2をやってきました。まだご覧になっていない方は、その3、その4も続きますので、お楽しみにしていただければと思います。四象限de 04-V|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。① 更新頻度/個人性と社会性声日記を4象限で考える ①|四象限de D01|LISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。② 垂直性と水平性/リスナーと配信者声日記を4象限で考える ②|四象限de D02|声日記をパーソナル・ソーシャルと位置づけると、声日記の旧来のポッドキャストとの違いが鮮明化します。また、文字配信やダイアリーなどとの関係性も考慮し、配信者とリスナーの関係は水平なのか垂直なのかを考えます。③ RSS配信の有無/SNSトークとレクチャー声日記を4象限で考える ③|四象限de D03|声日記を考える4象限 ③-1 SNSトークとレクチャー ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME声日記を考える4象限 ③-2 SNSトークとレクチャー ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME LISTENで開く
今後のPodcasts展開を4象限で考える ①《更新頻度/個人性と社会性》|四象限de P01|
15-02-2024
今後のPodcasts展開を4象限で考える ①《更新頻度/個人性と社会性》|四象限de P01|
① 更新頻度/個人性と社会性|声日記を4象限で考えるLISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。声日記を考える4象限 ①更新頻度と個人性/社会性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME①' 更新頻度/個人性と社会性|今後のPodcasts展開を4象限で考える「今後のPodcasts展開を4象限で考える」の第1部ですね。更新頻度と個人性と社会性についてです。実は、これは「声日記を4象限で考える」の第1部とセットなんです。なぜなら、声日記がPodcastの世界や音声配信の世界に新しいジャンルを切り開いたからです。更新頻度が高くなることで、ポッドキャストは短時間でソーシャルなオンデマンド配信に移行します。その結果、第2象限の存在が増え、ショートポッド化が進んでいます。今後のPodcasts展開を考える4象限 ①更新頻度と個人性/社会性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIMEこのエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。 LISTENで開く
ことばの配信をめぐる4象限 ⑤《ことのはの時空 編》まとめ|四象限de L05|
15-02-2024
ことばの配信をめぐる4象限 ⑤《ことのはの時空 編》まとめ|四象限de L05|
音声と文字の配信はAIの文字起こしによって大きく変化しています。音声の配信はAIによる文字起こしで検索に引っかかりやすくなり、視覚情報と聴覚情報が融合しているトレンドがあります。文字と音声の配信は映像よりも重要であり、LISTENが先頭を切っています。音声に関しても電子媒体の進化により、時間からの解放が起き、聞くことと書くことの時間の使い方が変化してきています。また、聞くことと書くことに新たな意味や時間をかけることの意味が生まれることで、人類史上に大きな変化が起きています。⓪ ことのはの時空|ことばのはじまり①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。ことばの配信をめぐる4象限《ソーシャルメディア編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。ことばの配信をめぐる4象限《視覚/聴覚とことば 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。ことばの配信をめぐる4象限《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。ことばの配信をめぐる4象限《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME LISTENで開く
声日記を4象限で考える ②《垂直性と水平性/リスナーと配信者》|四象限de D02|
14-02-2024
声日記を4象限で考える ②《垂直性と水平性/リスナーと配信者》|四象限de D02|
⓪ ミニマム編集とマキシマム編集/LIVEとOnDemand|音声配信を4象限で考える〔まとめ〕番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。① 更新頻度/個人性と社会性|声日記を4象限で考えるLISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。①' 更新頻度/個人性と社会性|今後のPodcasts展開を4象限で考える「今後のPodcasts展開を4象限で考える」の第1部ですね。更新頻度と個人性と社会性についてです。実は、これは「声日記を4象限で考える」の第1部とセットなんです。なぜなら、声日記がPodcastの世界や音声配信の世界に新しいジャンルを切り開いたからです。更新頻度が高くなることで、ポッドキャストは短時間でソーシャルなオンデマンド配信に移行します。その結果、第2象限の存在が増え、ショートポッド化が進んでいます。② 垂直性と水平性/リスナーと配信者|声日記を4象限で考える声日記をパーソナル・ソーシャルと位置づけると、声日記の旧来のポッドキャストとの違いが鮮明化します。また、文字配信やダイアリーなどとの関係性も考慮し、配信者とリスナーの関係は水平なのか垂直なのかを考えます。声日記を考える4象限 ②垂直性と水平性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②' 垂直性と水平性/リスナーと配信者|今後のPodcasts展開を4象限で考える「声日記を4象限で考える」シリーズと「今後のPodcast展開を4象限で考える」のシリーズは一つのまとまりであり、新たな音声配信の形態が出てくる中で、垂直性と水平性、配信者とリスナーの関係性の4つの要素が重要です。この話では、垂直性と水平性を考慮した配信者とリスナーの関係の変化について述べられています。また、SNS化したポッドキャストが第四象限に進出する可能性もあります。このエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。 LISTENで開く
声日記を4象限で考える ①《更新頻度/個人性と社会性》|四象限de D01|
14-02-2024
声日記を4象限で考える ①《更新頻度/個人性と社会性》|四象限de D01|
⓪ ミニマム編集とマキシマム編集/LIVEとOnDemand|音声配信を4象限で考える〔まとめ〕番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。① 更新頻度/個人性と社会性|声日記を4象限で考えるLISTENというプラットフォームにより声日記というポッドキャストの新しい形が生まれています。声日記は更新頻度が高く、パーソナル性とソーシャル性の両方を持つ特徴があります。旧来型のポッドキャストや文字配信との関係を考えると、声日記はパーソナルな要素が強く、ミニマム編集を含んだ無編集の配信が可能です。声日記を考える4象限 ①更新頻度と個人性/社会性 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME①' 更新頻度/個人性と社会性|今後のPodcasts展開を4象限で考える「今後のPodcasts展開を4象限で考える」の第1部ですね。更新頻度と個人性と社会性についてです。実は、これは「声日記を4象限で考える」の第1部とセットなんです。なぜなら、声日記がPodcastの世界や音声配信の世界に新しいジャンルを切り開いたからです。更新頻度が高くなることで、ポッドキャストは短時間でソーシャルなオンデマンド配信に移行します。その結果、第2象限の存在が増え、ショートポッド化が進んでいます。② 垂直性と水平性/リスナーと配信者|声日記を4象限で考える声日記をパーソナル・ソーシャルと位置づけると、声日記の旧来のポッドキャストとの違いが鮮明化します。また、文字配信やダイアリーなどとの関係性も考慮し、配信者とリスナーの関係は水平なのか垂直なのかを考えます。②' 垂直性と水平性/リスナーと配信者|今後のPodcasts展開を4象限で考える「声日記を4象限で考える」シリーズと「今後のPodcast展開を4象限で考える」のシリーズは一つのまとまりであり、新たな音声配信の形態が出てくる中で、垂直性と水平性、配信者とリスナーの関係性の4つの要素が重要です。この話では、垂直性と水平性を考慮した配信者とリスナーの関係の変化について述べられています。また、SNS化したポッドキャストが第四象限に進出する可能性もあります。このエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。 LISTENで開く
ことばの配信をめぐる4象限 ④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》|四象限de L04|
10-02-2024
ことばの配信をめぐる4象限 ④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》|四象限de L04|
①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。ことばの配信をめぐる4象限《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIMEこのエピソードを購入するとコメント欄でこのエピソードに関するプレミアムディスカッションに参加することができます。 LISTENで開く
ことばの配信をめぐる4象限 ③《時間言語と空間言語/記憶と記録 編》|四象限de L03|
09-02-2024
ことばの配信をめぐる4象限 ③《時間言語と空間言語/記憶と記録 編》|四象限de L03|
①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。ことばの配信をめぐる4象限《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。 LISTENで開く
ことばの配信をめぐる4象限 ②《視覚/聴覚とことば 編》|四象限de L02|
09-02-2024
ことばの配信をめぐる4象限 ②《視覚/聴覚とことば 編》|四象限de L02|
①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。ことばの配信をめぐる4象限《視覚/聴覚とことば 編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。 LISTENで開く
ことばの配信をめぐる4象限 ①《ソーシャルメディア 編》|四象限de L01|
08-02-2024
ことばの配信をめぐる4象限 ①《ソーシャルメディア 編》|四象限de L01|
①《ソーシャルメディア編》ことばの配信をめぐる4象限「四象限シリーズのソーシャルメディア編」では、現在、文字と音声による配信が行われています。このポッドキャストでは、ソーシャルメディアの四象限において、言葉の伝達が文字ではなく音声による方法でも行われています。これまでは、音声と文字の組み合わせがあまり多くなかったですが、最近は音声と文字の配信が増えてきています。ことばの配信をめぐる4象限《ソーシャルメディア編》 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME②《視覚/聴覚とことば 編》ことばの配信をめぐる4象限彼は、視覚と聴覚と言葉の関係について整理したいと考えています。点字や手話を含む視覚情報や聴覚情報を用いた言葉の伝達方法について、詳しく説明しています。③《空間言語と時間言語/記憶と記録 編》ことばの配信をめぐる4象限この四象限で考えることは、ある意味、思考実験ですが、今日は敢えて空間言語と時間言語と呼ぶことにしました。そして横軸にはテンポラルとエターナルがあります。④《電子メディアとAI革命/時空からの解放 編》ことばの配信をめぐる4象限「言葉の配信をめぐる4象限」の第4回では、電子メディアとAI革命の進展について話しています。電子媒体とAIによる文字起こし革命によって、新たな時代が訪れ、時間と空間の制約からさらに解放されることになりました。おまけ LISTENで開く
音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ|四象限de V04|
08-02-2024
音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ|四象限de V04|
① 音声配信の4象限(ミニマム編集とマキシマム編集/ライブとオンデマンド)「ヒトは4象限で考える」シリーズの第1弾では、音声配信を4つの象限に分けることが紹介されています。このシリーズでは、ライブとオンデマンド、ミニマム編集とマキシマム編集という軸で音声配信が分類され、その中でもミニマム編集オンデマンド領域が新たな可能性を秘めていることが示されています。音声配信の4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME② 文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限第2回の音声配信を4象限で考えるシリーズでは、無編集ライブ型の音声配信について話されています。この回では、文字のライブや声日記、そして音声ライブのアーカイブなど、4象限の領域が取り上げられ、新しい音声配信の形態について詳しく解説されています。文字と音声/ライブとオンデマンドの4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME③ 速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限「音声配信を4象限で考える」のその③では、LIVEとOnDemandを主軸に分類しており、ミニマム編集とマキシマム編集、音声と文字の関係、速報性と既報性の関連について説明しています。速報性と既報性/ライブとオンデマンドの4象限 ©︎2024 TAKAHASHI HAJIME四象限de 04-V|音声配信を4象限で考える《LIVE/OnDemand 編》まとめ番組LISTEN to me!では、音声配信の四象限をLIVE/OnDemand編で分類していて、ミニマム編集とマキシマム編集のポイントについて話しています。また、文字と音声の融合や速報性の重要性にも触れています。 LISTENで開く