【ジーザス・クライスト=スーパースター】が素晴らしい!

映画駄話チャンネル

22-04-2024 • 38分

#劇団四季 #ジーザスクライストスーパースター #yumaの映画評論 あらすじ この作品は、イエス・キリスト(ジーザス・クライスト)が十字架にかけられるまでの最後の7日間を描いたミュージカルである。 今からおよそ2000年前、ローマ帝国領のパレスチナに一人の青年が現れた。 大工の息子ジーザスは、人々に新しい教えをとき、数々の奇跡を起こしているという。 圧政に苦しんでいた民衆たちは、たちまちジーザスの言葉に耳を傾けるようになり、彼こそ「救い主」「神の子」と讃える。弟子の一人、イスカリオテのユダにとってジーザスは「神の子」ではなかった。 ジーザスを愛するユダには「全て御心のまま」という師の真意が理解できない。 マグダラのマリアもまたジーザスを愛していた。 彼女は、かげりの無い、純粋で献身的な愛をジーザスに注ぐ。 ジーザスが「ただの人」だと露見したとき、人々はそれを許すはずが無い。 彼らの怒りによってジーザスは押しつぶされてしまうだろう。 そう予感していたユダは、師ジーザスを裏切る決心をする。 「あなたを誰かが追い詰めるなら、私がやる」 弟子たちとの最後の食事でジーザスはこの中に裏切り者がいると指摘する。 動揺する弟子たちをよそに、ジーザスは独りゲッセマネの園で父なる神に問いかける。 「私はあなたの心が知りたい、この目であなたが見たい」 銀貨30枚と引き替えにユダは師の居場所を教え、ついにジーザスは捕らえられた。 支配者たちの間をたらい回しにされ、侮辱・嘲笑されながら抵抗しないジーザス。 いま、あまりにも無力に見える彼の姿に民衆は失望し、叫びつづける。 「彼を殺せ、十字架にかけろ」 ユダ、マリア、シモンやペテロといった弟子たち、ユダヤ教の司教、ローマ帝国総督、そして民衆。 人々の思いが交錯する中、ジーザスは十字架に向かって進んでゆく…。 公式サイトより引用 --- stand.fmでは、この放送にいいね・コメント・レター送信ができます。 https://stand.fm/channels/6509943c0bc9d6e1d66f542c