024.面接では何を確認するんですか? ~②障害の自己理解とは~

中小企業のための、障害者雇用推進室

29-11-2023 • 15分

障害者本人が自分の障害特性について理解しているかが障害者雇用では、大切です。これを「障害の自己理解」と言います。 自己理解度が高ければ、働くための準備度合いである「職業準備性」が高いとも言います。 障害者雇用で最も重要とも言える「障害の自己理解」について、実務経験を交えてお伝えいたします。 ラグランジュサポート株式会社: http://lagrange-s.com/ 初回無料相談はこちら: info@lagrange-s.com