ポッドキャストのエピソード

vol.61 ゲスト:安部コウセイ〜バッドエンディング!?喧嘩回〜

UKPラジオ

06-09-2021 • 59分


UKPラジオの第61回のゲストはSPARTA LOCALS/HINTO・安部コウセイ!

遠藤はまさか、SPARTA LOCALSを北海道出身のバンドだと思っていた!?という大暴露からスタート!笑
(SPARTA LOCALSは1998年福岡で結成されたバンドです!)
サムネイルではHelsinki Lambda Clubの最新アルバム「Eleven plus two / Twelve plus one」のCDを持ってくださってますが、Helsinki Lambda ClubのVo/Gt橋本薫も福岡出身かつSPARTA LOCALS/HINTOを敬愛しており、HINTOの企画に呼んでもらったりしました!
コウセイさんは遠藤と初めて会ったときからうまくコミュニケーションが取れず、苦い思い出になっているとのことで、今回は遠藤と仲良くなるために出演を決めてくれたとのこと!
遠藤も久しぶりにコウセイさんに会うことに備え、収録日当日ずっとSPARTA LOCALS/HINTOの曲を聴いていたそう!
UK.PROJECTからリリースしていた2タイトルも全配信サービスで聴けるようになりました!

遠藤はSPARTA LOCALS/HINTO関連の話をするときはいつも「トーキョウバレリーナ」を口ずさんでいるとのことですが、ここで衝撃の勘違いエピソードが明かされます…!
また、2006年に開催されたSPARTA LOCALSのツアー"スパルタローカルズ アベックツアー2006「大丈夫です、これは武者震いですから」”に銀杏BOYZを招いて開催したときのエピソードも!
峯田和伸がSPARTA LOCALSの楽曲をライブのBGMでかけてくれているという情報を聞き、まだ面識がないときに峯田さんのことを出待ちしたという貴重な話が…!

さらに、フミは安部家にいそうな顔とのことで、妹さんに似ているそうなんです!
見る度に懐かしさを感じているとのこと笑
そして最近ハマっているという「オッドタクシー」「包丁研ぎ」について大盛り上がり!

恒例の近況についても聞いていきます!
そんな中話題に上がるART-SCHOOL・木下理樹!
コウセイさんは木下さんのことを羨ましく思っているそうで、その他この人には敵わないというアーティストも挙げられます。
POLYSICS・ハヤシさんにも悩みを相談したことがあり、そのときのことは未だに心の中にあるそうです。
そんなコウセイさんの人柄についても掘り下げていきます。

また、なぜSPARTA LOCALSとHINTOの両方をやっているのかその棲み分けについてや、先日コウセイさんがゲスト出演した百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)主催「Rock, Talk, Smoke….Drunk? 」についてもたっぷりと!

最初から最後まで噛み合っていない!?ようなトークが繰り広げられてますが、果たしてコウセイさんと遠藤は仲良くなれたのか...!?

番組を聴いた感想や質問は、#UKPラジオ をつけてツイートしてください!
▼UKPラジオ・プレイリスト:https://spoti.fi/2NKXxsy
▼UKPラジオ・Twitterアカウント:https://twitter.com/ukp_radio

0:00