ポッドキャスト

Run the World, by DogsorCaravan

Koichi Iwasa / DogsorCaravan

トレイルランニング、スカイランニング、ウルトラマラソンのウェブサイト・DogsorCaravan ドッグスオアキャラバンの新しいメディアとして、インタビューをはじめとするコンテンツをお送りします。 https://dogsorcaravan.com
#047 サンデートレイル・もうすぐサンクスギビング、今年のDC Awardはどうしよう?#046 サンデートレイル・Rio del Lago 100を完走したナミネム#045 千葉達雄さんに2022年UTMF、来月のITJ、まもなくオープンのITJ BASEについて聞く
ウルトラトレイル・マウントフジ ULTRA-TRAIL Mt. FUJIの共同代表であり、IZU Trail Journeyの総合プロデューサーでもある千葉達雄 CHIBA Tatsuoさん。日曜日朝にClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」でお送りしている「サンデートレイル」にお招きしてお話ししました。 今週金曜日に発表されたばかりのUTMFのほか、来月に開催が迫っているITJのこと、そして修善寺にまもなくオープンするITJ BASEについてお話を聞いています。 ウルトラトレイル・マウントフジ ULTRA-TRAIL Mt. FUJIIZU Trail JourneyIZU TRAIL JourneyのYouTubeチャンネルUTMB World Series DogsorCaravanではこのポッドキャスト「Run the World」の企画会議として、日曜日朝にClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」で雑談を中心にトークセッションを配信しています。 Clubhouse「トレイルランニング・ジャーナル」 https://www.joinclubhouse.com/club/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB YouTube「DogsorCaravan」 https://www.youtube.com/user/DogsorCaravan ポッドキャスト「Run the World」 https://open.spotify.com/show/5spw3F26Fp9mOP7sjHWzcI (今回のタイムライン) 00:00:00 オープニング 00:01:34 UTMF2022の概要発表 00:09:58 UTMFの新型コロナ対策 00:15:04 KAI69kを新たに開催する理由 00:22:14 2023年にUTMB World Seriesに加わるべく準備する 00:38:08 ITJは来月開催 00:45:36 まもなく修善寺にオープンするITJ BASEとは 01:00:08 ITJのライブ配信もITJ BASEから 01:01:24 エンディング (2021年11月7日収録) --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
07-11-2021
1時間 2分
#044 サンデートレイル・雨の日曜日#043 サンデートレイル・Backyard Ultra(智也&ナミネム)#042 サンデートレイル・KOUMI 100(智也&ナミネム、鬼塚智徳さん)#041 サンデートレイル・Wasatch Front 100! (ナミネム&JR田中)#040 サンデートレイル・UTMBを振り返る、奥信濃、ITJほかジム・ウォルムズレイ Jim Walmsleyはサロマ湖に興味ある?【犬猫取材メモ】#039 サンデートレイル・いよいよUTMB®︎ Mont-Blanc 2021開幕!
DogsorCaravanがお送りしている日曜日朝のClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」からのエピソード。ちょうど2021年のUTMB®︎ Mont-Blancで大会公式ライブ配信のMCをするためにジュネーブに到着したばかりの岩佐が、レギュラーメンバーのナミネムさんと今年のUTMBについて話しました。番組の後半では今回のUTMBでのDogsorCaravanの企画も予告しています。 2021年 TDS®︎、OCC、CCC®︎ プレビュー #UTMB(DogsorCaravan)2021年 UTMB®︎ プレビュー #UTMB(DogsorCaravan) DogsorCaravanではこのポッドキャスト「Run the World」の企画会議として、日曜日朝にClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」で雑談を中心にトークセッションを配信しています。 Clubhouse「トレイルランニング・ジャーナル」 https://www.joinclubhouse.com/club/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB YouTube「DogsorCaravan」 https://www.youtube.com/user/DogsorCaravan ポッドキャスト「Run the World」 https://open.spotify.com/show/5spw3F26Fp9mOP7sjHWzcI (今回のタイムライン) 00:00:00 スタート 00:04:46 日本では信越五岳の中止が発表された 00:10:02 日本とアメリカ、ヨーロッパでは大会開催の可否についての考え方に差が出てきた 00:12:04 日本のワクチンパスポート 00:14:14 フランスではパスサニテールを取得するのが必須になった 00:23:24 今年のUTMBの見どころは? 00:25:48 OCCは上田瑠偉に注目! 00:31:58 OCC女子もハイレベル、吉住友里のトップ3入りに期待 00:34:16 今年のUTMBの各レースではウェーブスタートを導入 00:41:48 CCCの注目選手 00:48:10 TDSの注目選手 00:51:04 UTMBの有力選手、丹羽薫に注目 00:54:56 UTMB男子は、フランソワ、ジム、グザビエが揃って登場 01:06:42 来年からのワールドシリーズに加わる大会も発表されるかも 01:09:40 24日火曜日の日本時間夜に上田瑠偉選手とインスタライブやります 01:10:32 岩佐のUTMBお土産プレゼントもあります 01:11:28 エンディング (2021年8月22日収録) --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
22-08-2021
1時間 13分
#038 土井陵 Doi Takashi・トランスジャパンアルプスレース(TJAR)を振り返る
日本海から太平洋へと日本アルプスを一気に駆け抜ける415kmのアドベンチャーイベント、トランスジャパンアルプスレース Trans Japan Alps Race(TJAR)は、山が好きな人に広く知られ、毎回熱い視線を集めています。土井陵 Doi Takashiさんはコロナ禍により一年の延期を経て先日開催された大会に30人の参加選手の一人として参加。2012年のTJARのドキュメンタリー番組を観て、ちょうどその日に自分も北アルプスに登っていたことに気づいたのが、土井さんのTJARへの挑戦の始まりでした。その後、土井さんは2015年のUTMB®︎で11位になり、ウルトラトレイルのトップ選手として知られます。昨年1月には香港の4つのロングトレイルの合計298kmを通して走るというHong Kong Four Trails Ultra Challengeを完走し、そのドキュメンタリーがテレビ番組となっています。 今年のTJARは既に当サイトでもお伝えしている通り、8月7日土曜日深夜12時のスタートののち、台風の接近に伴う北アルプスの荒天のため9日月曜日早朝に中止となりました。今回のポッドキャストでは土井さんにレースが中止となるまでの自身の経験について、そしてTJARを知ってから今年スタートラインに立つまでの経緯について聞きました。今大会では新しいルールとして山小屋での補給が認められないことになっていましたが、このことが今回の土井さんの装備や補給の計画に影響したかどうかについても話していただきました。 消防士として新型コロナウィルスの感染拡大に直面して感じること、そしてトレイルランナーとしてどう向き合うべきか、についても土井さんにその考えを聞いています。 (写真・剱岳での土井陵さん。by © Sho Fujimaki) TJAR2020 中止に至った経緯と今後について(トランスジャパンアルプスレース)024 中尾益巳・来年開催を目指す「ステージレース三陸311」とは(ポッドキャスト・Run the World)ステージレース三陸311:現時点では2年後を目標に開催準備中ステージレース三陸100:二人一組で2日間で合計100kmを走破するイベントとして2021年10月30日、31日に開催予定でエントリー受付中 DogsorCaravanではこのポッドキャスト「Run the World」の企画会議として、日曜日朝にClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」で雑談を中心にトークセッションを配信しています。 Clubhouse「トレイルランニング・ジャーナル」 https://www.joinclubhouse.com/club/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB YouTube「DogsorCaravan」 https://www.youtube.com/user/DogsorCaravan ポッドキャスト「Run the World」 https://open.spotify.com/show/5spw3F26Fp9mOP7sjHWzcI (今回のタイムライン) 00:00:00 スタート 00:00:10 オープニング 00:02:22 TJARが中止になったのを聞いてから 00:08:48 中止になった時点ではまだ余裕は十分にあった状態 00:10:30 中止の後は温泉で冷えた身体を温めた 00:12:54 トレイルランニングを始めた時からTJARは目標の一つだった 00:17:34 今年のTJARはいいタイミングで出場することができた 00:19:42 山小屋での補給禁止という新ルールができても、山での行動力を見極めて必要十分な装備をすることには変わりない 00:22:44 山から降りて買う補給食もどこで何を買うかはあらかじめ決めていた。 00:24:50 完走タイムは天候に左右されるもの。むしろ自分としてどれだけうまく走り切れるかを課題にした 00:30:30 一般の登山客、ハイカーの皆さんもTJARを知っていて応援してくださるのは新鮮な経験だった 00:34:26 次回の大会に出るかどうかは、今の時点ではまだ決めていない 00:39:48 次の目標は、現時点ではまだ何も考えていない 00:42:44 消防救急士としてコロナ禍で感じること 00:47:22 コロナ禍でもルールに沿って安全に山を楽しむやり方はあるはず 00:51:34 トレイルランニングの大会もまた開催できるようになるはず 00:53:18 10月末開催のステージレース三陸100にも予定が許せば出てみたい (2021年8月13日収録) --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
15-08-2021
58分
#037 上田瑠偉 Ueda Ruy・一年半ぶりの海外レースの手応えと来週の世界選手権
2019年スカイランナー・ワールドシリーズのチャンピオンとして世界にその名を馳せた上田瑠偉 Ueda Ruy選手は今、1年8ヶ月ぶりの海外遠征でヨーロッパに滞在中です。今回はその上田選手とのインタビュー。岩佐のほか、日曜日朝のClubhouseで「トレイルランニング・ジャーナル」をお送りしているナミネムさん、智也さんと一緒に話を聞きました。 (写真・インタビューに答える上田瑠偉選手。Kaiserkrone SkyraceのYouTubeチャンネルより) Kaiserkrone Skyrace: 6月26日にオーストラリアで開催されたスカイランナー・ワールドシリーズの第三戦。上田選手は2位に。At last! It’s time for titles and medals at the 2020 Skyrunning World Championships (ISF): 7月9-11日にスペインで開催のスカイランニング世界選手権の有力選手紹介。世界選手権 日本代表を発表!(JSA): 今回のスカイランニング世界選手権に出場する日本代表チームの紹介。030 上田瑠偉選手と2021年新年会!:Run the World で2021年1月にお送りしたエピソード。智也さん、ナミネムさんでトレーニングとフィジカルについてのトークが熱い。Kaiserkrone Trail 2021 Daily Highlights 1 https://www.youtube.com/watch?v=AOMkELlwsVwKaiserkrone Trail 2021 Daily Highlights 2 Wide https://www.youtube.com/watch?v=iwsKb6Q9rHI DogsorCaravanではこのポッドキャスト「Run the World」の企画会議として、日曜日朝にClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」で雑談を中心にトークセッションを配信しています。 Clubhouse「トレイルランニング・ジャーナル」 https://www.joinclubhouse.com/club/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB YouTube「DogsorCaravan」 https://www.youtube.com/user/DogsorCaravan ポッドキャスト「Run the World」 https://anchor.fm/dogsorcaravan (今回のタイムライン) 00:00:00 オープニング 00:03:42 EURO2000 00:04:44 ザルツブルグのRedBull本社で 00:09:46 先週末のKaiserkrone Skyrace 00:16:04 来週末はスカイランニング世界選手権 00:20:48 オーストリアのトレイルとピレネーのトレイルの違い 00:26:28 世界選手権のコース(Buff Mountain Festival)のポイント 00:27:14 やはりどんな選手と一緒に走るかでレースに向けた意気込みも違ってくる 00:37:56 周りからの応援の声をうまく前向きな力にしていきたい 00:40:34 欧州には移住というよりも、長期の遠征と帰国を繰り返す形になるかも 00:43:08 トラックのスピードとトレイルのスピード 00:47:48 トレイルの下りを走るポイント 00:54:22 サッカーの経験がトレイルランニングに影響する? 00:57:50 エンディング (2021年6月29日収録) --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
01-07-2021
1時間
#036 UTMFの新体制と追加返金について聞く – 千葉達雄(ウルトラトレイル・マウントフジ共同代表)
6月11日にウルトラトレイル・マウントフジは大会の実行委員会を4者の共同代表による体制に移行するほか、元の体制(NPO法人富士トレイルランナーズ倶楽部)から資金を引き継がないことから、これを原資として中止となった2020年大会と2021年大会の両方に参加予定だった選手に参加費を追加で返還することをあわせて発表しました。 ウルトラトレイル・マウントフジが実行委員会を4者の共同代表に移行、鏑木毅さんは「会長」に #UTMF 今回の体制の変更が大会にとってどんな意味を持つのか、また中止になった2度の大会両方に参加予定だった選手に限って追加で返金する理由について、新体制で共同代表となる千葉達雄さんにお話を聞きました。 インタビューの中では、2回連続で中止となったことから大会に損失が生じるリスクが現実的となったことから体制の変更を決めるに至ったこと、体制変更後もUTMFをこれまで運営してきたチームの役割分担に大きな変更はないこと、2度の中止でエントリー権を得ながら大会に参加できなかった選手の皆さんに少なくとも今後2回の大会を開催することは主催者の責任だと考えていること、を聞きました。 また、UTMB World Seriesについては、これまでのUTWTが終了することからシリーズ参加への案内は来ているものの検討はこれから、判断にあたってはこれまでUTMFを支えてくださった皆さんの思いを大切にしたい、とのこと。 2回連続で参加予定だった選手への返金については、エントリー料に対してこれまでの大会からの返金(各回中止後に1万円)でカバーされなかった負担額を、どちらかの大会だけ参加予定だった選手も両大会とも参加予定だった選手も同額にする、という趣旨で準備金を管理していたNPO法人が決めたと説明していただきました(返金額と負担額の内訳はDogsorCaravanの記事をご覧ください)。 https://dogsorcaravan.com/2021/06/15/Tatsuo-Chiba-runtheworld-podcast036/ DogsorCaravanではこのポッドキャスト「Run the World」の企画会議として、日曜日朝にClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」で雑談を中心にトークセッションを配信しています。 Clubhouse「トレイルランニング・ジャーナル」 https://www.joinclubhouse.com/club/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB YouTube「DogsorCaravan」 https://www.youtube.com/user/DogsorCaravan ポッドキャスト「Run the World」 https://anchor.fm/dogsorcaravan (今回のタイムライン) 00:00:00 スタート 00:01:04 オープニング 00:03:08 4人の共同代表体制で大会運営の重い責任に応える 00:04:22 従来はNPO法人が大会を運営、法人理事会で意思決定してきた 00:06:38 理事会でのコンセンサスの形成に時間を要していた 00:07:20 大会を継続していくには無報酬の理事に依存しない体制が必要 00:08:04 大会に損失が発生した場合にNPOの無報酬の理事が個人で負担するのは酷ではないかという議論があった 00:10:52 2度の大会中止となったので出場権を持つランナーに対して今後二回の大会は確実に開催する責任がある 00:13:24 4人の共同代表、田近義博さんは御殿場を拠点とし、UTMFにはイベントの運営、会場の設営などに携わってこられた 00:15:56 千葉さんは請負の事務局長から主催する側になり、事務局経費の受け取りも返上した 00:18:20 NPO法人の大会運営のための準備金を参加者への返金に充てるのはNPOの意志により、引き継ぐ側でも責任を明確にするにはその方がよいと考える 00:20:34 今回の返金の原資となった準備金は大会の継続的な開催のためには必要なもので過剰な金額であったとは思わない 00:25:02 中長期的に大会を続けていくには人材を育成する必要があり、先月の中国での事故も考えれば、トレイルランニング大会運営には今よりもしっかりした体制が必要 00:26:16 2020年、21年のどちらかだけ、そして両方にエントリーしていたランナーの皆さんの負担額(返金されない額)が同じにしたいとの趣旨で今回、追加で返金することを決めた。 00:30:00 新体制の下でも実務の分担にはあまり変わりはなく、一方でこれまでよりも迅速に意思決定ができるようになると思う 00:32:56 新体制で会長となった鏑木毅さんの考え方や意見は今後も大会に反映される 00:36:44 UTMFの大会のあり方は変わらない、UTMBワールドシリーズについては検討中だが、これまでUTMFに関わった皆さんの思いも大切にしたい (2021年6月13日収録) --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
15-06-2021
44分
#035 仲田光穂さん – Japan Trophy 200、小江戸大江戸、川の道を振り返る
今年1月のJapan Trophy 200で優勝(男女総合3位)、3月の小江戸大江戸200kmで男女を通じて総合優勝、4月の川の道フットレース251mでも男女総合優勝と200km超のウルトラマラソンで素晴らしい結果を出した仲田光穂 Nakata Mihoさんにインタビューしました。 100kmのウルトラマラソンでは2019年の沖縄100kmウルトラマラソンで女子優勝、自身の100kmベストタイムとなる7時間47分34秒という記録を残すほか、同年のサロマ湖100kmでは自己最高順位となる5位でフィニッシュ。日本のウルトラマラソン界で注目を集める仲田さんに、今年200kmのレースを走っている理由を聞いたほか、今後の目標についても話していただきました。 タイムや順位にこだわらず、長く走ることを楽しみたいという仲田さんの強さの秘密がこのインタビューを通じて分かったような気がします。/p> DogsorCaravanではこのポッドキャスト「Run the World」の企画会議として、日曜日朝にClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」 で雑談を中心にトークセッションを配信しています。 Clubhouse「トレイルランニング・ジャーナル」 https://www.joinclubhouse.com/club/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB (https://www.joinclubhouse.com/club/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB) YouTube「DogsorCaravan」 https://www.youtube.com/user/DogsorCaravan (https://www.youtube.com/user/DogsorCaravan) ポッドキャスト「Run the World」 https://anchor.fm/dogsorcaravan (https://anchor.fm/dogsorcaravan) (今回のタイムライン)  00:00:00 オープニング  00:02:16 仲田さん自己紹介  00:03:03 コロナ禍の今こそ今までと違うことを、と200kmに挑戦  00:06:52 Japan Trophyが終わると、すぐに小江戸大江戸の追加募集に応募  00:11:09 1ヶ月後に川の道251kmへ  00:12:12 走るにつれて200kmを走るペース配分が身に付いてきた   00:15:06 順位やタイムは目標にしない、最後は気力がモノを言う  00:17:48 25歳で四万十川ウルトラマラソンに出たのが初めてのウルトラ  00:18:47 ゆっくり長く、ジョギングが好き  00:21:45 記録を追い求めるよりも走ることを楽しむことを大事にしたい  00:25:45 サロマ湖は目標としていた大会、2019年は5位に  00:28:50 世界選手権も意識はしているがまだこれから  00:29:44 2018年12月にトレイルの大会に初挑戦、下りは苦手  00:32:18 次の目標は24時間走  00:36:18 コロナ禍でも自分のトレーニングは変わらない  00:39:16 エンディング (2021年5月24日収録) --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
28-05-2021
40分
#034 サンデートレイル・石川弘樹さん登場、信越五岳開催へ、UTMBのカトリーヌさんにインタビュー
レギュラーメンバーのナミネムさん、智也さん、岩佐でお送りしているClubhouseでの日曜日朝のトークセッション。5月14日金曜日に発表された信越五岳トレイルランニングレースの2021年大会開催について話していたところ、聞いてくださっていた大会プロデューサーの石川弘樹さんが加わってくれました。石川さんには、今回の大会への期待、トレイル整備、トレイルワークへランナーが加わることの意義などをお話しいただきました。 このほか、後半ではDogsorCaravanのYouTubeとwebサイトの記事で公開した、UTMBのカトリーヌ・ポレッティさんとのインタビューの感想を話しています。 【Aso Round Trail】中止の夜は酒と阿蘇とトレイルと(YouTube)https://youtu.be/aQYlH7N1eoA 信越五岳トレイルランニングレース開催日程のお知らせ https://sfmt100.com/698 UTMB®︎ World Seriesという新しい挑戦を始める理由・カトリーヌ・ポレッティ Catherine Polettiさんインタビュー(YouTube) https://youtu.be/uwTdU9ZojHM 同(DogsorCaravan) https://dogsorcaravan.com/2021/05/15/catherine-poletti-utmb-world-series/  00:00:00 オープニング  00:00:46 阿蘇ラウンドトレイルのライブ配信に出た話  00:08:08 信越五岳が今年の大会の開催を発表  00:10:36 石川弘樹さん登場  00:12:10 医療従事者枠はコロナ禍で仕事をされている方達への感謝の意味  00:19:58 信越五岳のコース作りとトレイルワークの機会  00:27:28 自分の手で新たにトレイルを切り拓いてそれを走る喜び  00:31:44 UTMBのカトリーヌさんにインタビューした感想  00:39:22 UTMBに感じるベンチャー精神  00:52:46 「レースのための旅行を減らすべき」という考え方  00:57:12 エンディング・石川さんありがとうございました   (2021年5月16日収録) --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
16-05-2021
1時間 1分
#033 山登祐太さん – ランナーのためのケガ予防と補強トレーニング、カナダでの暮らし
今回はカナダ在住の山登祐太 Yamato Yutaさんをゲストに迎えました。広島で理学療法士をしていた山登さんは上京し、さらにカナダでのワーキングホリデーを経験したのち、カナダへ移住することを決意。昨年からブリティッシュコロンビア州で理学療法士としての新たなキャリアを歩み始めました。一方で、2013年のトル・デ・ジアンに参加するなど、熱心なトレイルランナーでもあります。 今回は山登さんとは同じランニングチーム「STS」のチームメイトでもあるナミネムさん、智也さんと一緒に、カナダにいる山登さんとClubhouseで話したのを収録しました。ランナーが走ることからくるケガを避けるために気をつけるべきこと、筋トレのような補強トレーニングにランナーはどのように取り組むといいのか、スペシャリストとして山登さんに話していただきました。もちろん、カナダへ行こうと考えた経緯や現地での暮らしぶり、日本とカナダの理学療法士の仕事の違い、カナダのアウトドアスポーツ人気についても話題になりました。 Run Boys! Run Girls! ブログJason KoopのポッドキャストDylan BowmanのポッドキャストBilly Yangのポッドキャスト DogsorCaravanではこのポッドキャスト「Run the World」の企画会議として、日曜日朝にClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」で雑談を中心にトークセッションを配信しています。配信はスピーカーの同意を得てYouTube Liveでも音声のみの動画で同時配信。さらにその後、ポッドキャストとして公開しています。 ライブ配信中はYouTube LiveのチャットまたはClubhouse配信中の挙手でご意見、ご質問を受け付けています。ぜひライブでもお楽しみください。 (今回のタイムライン) 00:00:00 オープニング 00:02:08 山登祐太さんがカナダへ行った経緯 00:09:44 カナダの新型コロナの状況はどんな感じ? 00:13:30 カナダでのフィジオセラピストとしての仕事 00:16:50 カナダの夏のアウトドアアクティビティ 00:18:16 バンクーバーでトレイルランニングは人気 00:19:40 山登さん自身はレースからは離れてフィジオセラピストとしての仕事や試験の準備に集中している 00:31:40 ランナーがケガをする理由として考えられること 00:40:24 ランナーにとって補強トレーニングはどのように役立つのか 00:45:48 ランナーのパフォーマンスを高めるのは強度の高い補強トレーニング 00:49:40 股関節と足首の強化がパフォーマンスアップに効果的、意外と重要なふくらはぎのヒラメ筋 00:55:42 強度が高くて効果的な補強トレーニングは週2、3回程度で十分 01:05:56 ランナーにとってのストレッチの意義は様々、ただ伸ばせばいいわけではない 01:10:56 Jason Koopのブログやポッドキャストは参考になる 01:21:38 犬がやってきて外を走るときはいつも犬と一緒 01:23:32 カナダの西海岸側のトレイルランニングレースあれこれ 01:32:14 エンディング (2021年4月11日収録) --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
13-04-2021
1時間 34分
企画会議 #10 睡眠と健康についての最近の話題
日曜日朝にお送りするトレイルランニング界の一週間を振り返るトークセッション。トレイルランニングのオンラインメディア・DogsorCaravanの中の人、岩佐がご意見番のナミネムさん、智也さんとお送りします。 今回はナミネムさんが手がけているお仕事に関連して、睡眠と健康の意外な関係、睡眠の質を高めるための工夫について話してくれました。話題の一覧は下の方にあるタイムラインからご覧いただけます。チャプターも設けていますので好きなところから聞くこともできます。 この「企画会議」はClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」で配信している音声をスピーカーの同意を得て収録し、ポッドキャストとして公開しています。また、Clubhouseでの配信と同時にYouTube Liveでも音声のみの動画で配信します。 ライブ配信中はYouTube LiveのチャットまたはClubhouse配信中の挙手でご意見、ご質問を受け付けています。 Clubhouse「トレイルランニング・ジャーナル」 https://www.joinclubhouse.com/club/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB YouTube「DogsorCaravan」 https://www.youtube.com/user/DogsorCaravan ポッドキャスト「Run the World」 https://anchor.fm/dogsorcaravan (今回のタイムライン) 00:00:00 オープニング 00:10:54 青梅で開催中のTOAD7に行ってきました 00:16:54 最近履いているシューズ 00:24:46 理学療法士さんからのアドバイスはランナーに大いに役出つ 00:30:04 ナミネム先生が睡眠について知っておくべきことを話す 00:35:06 ウォッチによる睡眠トラッキングするのは必ずしも正確ではない 00:38:26 ノンレム睡眠とレム睡眠、サイクルとそれぞれの働き、二つのプロセス 00:42:46 LEDの光(ブルーライト)は睡眠の質を損なう? 00:47:50 睡眠前にストレッチで横隔膜を使った腹式呼吸をする 00:52:26 データが示す睡眠の質と主観的な睡眠の質、レム睡眠の時に起きるのがよい? 00:54:34 睡眠の質からみた、ランニングに適した時間帯 01:08:36 長く睡眠をとることに慣れるとウルトラで不利では? 01:12:46 お酒は睡眠に悪い影響をもたらす 01:20:46 今週末に開催中の大会、いいのわたる本州縦断挑戦中 01:26:14 山本健一の甲斐国ロングトレイルのドキュメンタリーは本日公開 01:27:34 エンディング --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
04-04-2021
1時間 35分
企画会議 #009 平尾富士/OSJ新城/マフェトンって何?
日曜日朝にお送りするトレイルランニング界の一週間を振り返るトークセッション。今回もトレイルランニングのオンラインメディア・DogsorCaravanの中の人、岩佐がご意見番のナミネムさん、智也さんとお送りします。今回の話題は下の方にあるタイムラインからご覧いただけます。チャプターも設けていますので好きなところから聞くこともできます。 この「企画会議」はClubhouseのクラブ「トレイルランニング・ジャーナル」で配信している音声をスピーカーの同意を得て収録し、ポッドキャストとして公開しています。また、Clubhouseでの配信と同時にYouTube Liveでも音声のみの動画で配信します。 ライブ配信中はYouTube LiveのチャットまたはClubhouse配信中の挙手でご意見、ご質問を受け付けています。 Clubhouse「トレイルランニング・ジャーナル」 https://www.joinclubhouse.com/club/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB YouTube「DogsorCaravan」 https://www.youtube.com/user/DogsorCaravan ポッドキャスト「Run the World」 https://anchor.fm/dogsorcaravan (今回のタイムライン) 00:00:00 オープニング 00:02:20 今週末開催の平尾富士、OSJ新城 00:09:34 ナミネムさん、故障明けのランニングは順調 00:12:18 ウェスタンステイツ、エントリーしない年を挟んでもチケットが減らない新ルールを発表 00:21:10 ガーミンジャパンがEnduroを発表 00:25:30 途中で地震がありました 00:30:52 Apple Watchにアウトドアエディションが登場との噂 00:33:50 速報・開催中のOSJ新城64Kで川崎雄哉選手がリタイア 00:36:38 速報・中田光穂さんが小江戸大江戸の200Kで総合優勝 00:38:34 今日の本題、智也さんが初100マイルの信越五岳で8位になったマフェトン・トレーニングを語る 00:41:42 「トレーニングの方法で迷いたくなかった」(智也) 00:43:54 おすすめなのは長時間のアクティビティに取り組む人、心肺強化したい人、怪我しがちな人 00:45:02 エアロビック・ペースで有酸素運動に適した身体を作る 00:46:16 具体的には設定した心拍数の運動をし続ける、というトレーニング 00:48:18 目標とする心拍数は「180-自分の年齢」で決まる 00:51:10 実際にやってみるとかなり強度は高い、ゆっくりのジョグはできない 00:54:04 成長の実感は定期的にトラックで行う「マフェトン走」で確認 00:56:18 山でもマフェトントレーニングをしたが、中心となるのはロードでのトレーニング 00:57:52 テンポ走で鍛えてきたナミネムさんにはマフェトンは単調すぎるように見えたが、智也さんの成長をみて驚く 00:59:52 心拍はあげられなくてもマフェトントレーニングでやったからペースはまだ維持できるはず 01:01:06 智也さんが100マイルで8位になった信越五岳のレース展開を振り返る 01:05:12 マフェトントレーニングは毛細血管を広げていくイメージ 01:06:32 マフェトンの食事についての考え方 01:09:02 自分としては食事よりも運動の方法論としてマフェトンの威力を感じている 01:10:38 UTMFを次の目標にするにあたって、もっと劇的に力をつけられる方法論はないか、考えた 01:13:16 マフェトンを勧める理由の一つはケガのリスクが小さいところ 01:15:18 実践するとマフェトンペースよりも少し負荷の高いところでエネルギー効率が最適化されているのを感じた 01:16:48 結局は目標とするレースでのペースに合わせることが大事 01:20:20 エアロビックペースは個人差があるはずなので、公式にこだわりすぎないことも大事と思う 01:21:24 脂質代謝にこだわらなくても、糖質で走れるならそれを突き詰めることでもウルトラは走れるかも? 01:27:00 Q「傾斜をつけたトレッドミルでのトレーニングの意義は」(リンクさん) 01:36:02 マフェトンの理論はシンプル、多くの人が取り組んで結果を共有すれば個人差の理由がわかるのではないか 01:42:32 エンディング --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
28-03-2021
1時間 45分
企画会議 #008 UTMF中止、TORQUE 5G、Berkley Marathonsなど#032 山屋光司さん、礒村真介さん - 2012年UTMFを振り返る・最強のランニングチーム「DMJ」とは
ゲストは山屋光司 Yamaya Kojiさん、礒村真介 Isomura Shinsukeさん。 今年もウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)が4月23-25日に予定されています。日本を代表する国際的な100マイルトレイルランニングレースとして知られるこの大会ですが、その第一回大会(2012年)で山屋光司さんは6位、礒村真介さんは9位となりました。国内外の大会での活躍ですでに知られていたトップ選手たちとともに、いわば「市民トレイルランナー」として表彰台に立った二人は注目を集めました。 今回のエピソードでは、コロナ禍で大会の中止や延期が続く日本のトレイルランニング界のビッグイベントとして期待が高まっているUTMFを前に、山屋さんと礒村さんにあの2012年UTMFを振り返っていただきました。さらにお二人がメンバーとなっている、知る人ぞ知るランニングチーム「DMJ」についてもお話を聞いています。 聞き手はDogsorCaravanのご意見番であるナミネムさん、智也さん、そして中の人である岩佐です。  00:00 スタート  01:04 オープニング  04:06 最近の最近の山屋さんは仕事で多忙  05:10 礒村さんは地元・葉山のトレイルを開拓  07:22 「DMJ」とはどんな集まり?  14:06 ナミネムさんはハセツネ対策の講習会でDMJと出会う  22:18 それぞれ個性的なDMJのメンバー  24:28 DMJのグループトレランでは脚が攣ると羨ましがられる  28:52 山屋さん6位、礒村さん9位となった2012年UTMFの思い出  38:18 直前にDMJの仲間で「モンフジ合宿」  41:40 山屋さんは直前のハセツネ30Kの結果で、UTMFへの手応えを感じていた  43:46 仲間と一緒に高みを目指すのが楽しかった、という山屋さん  45:44 2013年UTMFでは山屋さんは8位で再び表彰台に  49:48 UTMFで結果を出したことで、レース中に周りの目を意識するようになってしまった  52:30 憧れや目標だった選手たちと一緒に走っていることが嬉しかった  53:54 礒村さん「山屋さんは世界のトップに近づく具体的なイメージを持って走っていた」  56:00 UTMFに向けたトレーニングやリカバリーは自己流で試行錯誤していた  57:26 礒村さんは当時からマフェトン理論をトレーニングやレース中のペース管理に実践していた  01:04:04 礒村さん「順位はともかく熱くなれる結果を残したかった」  01:05:32 二人ともUTMFで結果を残したことで人生が変わった  01:09:02 礒村さん「マフェトンを実践する智也さんが2019年信越語学100マイルで8位になった時は感激した」  01:10:16 今年のUTMFにエントリーしている智也さんは山屋さん、礒村さんが目標  01:11:20 自分の仕事面のキャリアについて考え始めていた時期にUTMFでの活躍が重なったという山屋さん  01:14:30 今年のUTMF、山屋さんは仲間や同僚のサポートを、礒村さんは奥様を応援してRBRGをサポートする予定  01:16:44 Rocky Mountain Slamに挑戦する礒村さん、今年は見送るがHardrockだけは出たい  01:17:36 智也さんも満を持して今年のUTMFに挑む  01:19:30 エンディング (2021年2月21日収録) --- Send in a voice message: https://anchor.fm/dogsorcaravan/message
24-02-2021
1時間 23分

0:00