068.今の私たちはどう生きる?

こころメンテナンス

23-05-2022 • 10分


地球温暖化や感染症など、日々変化が起きる環境の中で私達はどう生きればいいのか?伺いました。   感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7 YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me Web: https://m-e-science.com/ ◆文字起こしはこちら https://kokoro.koelab.net/068/ =============== 三上:こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、 吉村:吉村竜児です。 三上:はい。本日もよろしくお願いします。 吉村:よろしくお願いします。 三上:今日のテーマは、「今の私たちはどう生きる?」を取り上げてお話していこうかなと思います。 吉村:はい。 三上:というのも、この前お話しした中で、祖母が亡くなった時にお坊さんがいろいろお話ししてくれたっていうことを言ったんですけども、すごい興味深くて、宇宙の話とか、前テーマに上げた輪廻転生とかっていう、いろんなお話をされていたんですけども、生まれ変わりとか、日々変化、コロナがあったりする中でどう生きていけばいいのかなあっていうのをフッて落ちたんですね。今の生き方っていいのかなあ、って感情が自分の中でフッて入ってきて、今後生きやすいとか、何を大切に、みんな人それぞれ違うと思うんですけども、何をもって生きたら生きやすいのかなっていうのが、ふと思ったので、これちょっとテーマに取り上げて聞いてみようかなって思って今日このテーマにしてみました。 吉村:なるほどですね。はいはい。 三上:何か感じるものがあって。いろんな、世の中が変わって地球温暖化、地球もちょっといろいろ変化してって中で、どういうふうなことをしたら生きやすく、また周りにとっても、とか考えながらいたんですけども。吉村さんのお話も聞いてみたいなと思いまして、今回。 吉村:なるほどですね。それって結構いろんな宗教とか哲学が取り組んできたテーマで、多分明確な答えが、結論とか正解みたいなものが出ていないから、みんないつまでもずっとそのことでああでもない、こうでもないって考え続けて、いろんな宗教とか哲学が発展してきたんだと思うんですよね。 三上:うーん。 吉村:僕は僕なりに、人が幸せに生きていくにはどうしたらいいのかっていうのを考えていった結果、こちらの配信でもしきりにお話しさせていただいているバリューフォーミュラっていう、魂が持っている価値観ですよね、に沿った生き方をしていくことが、その人にとっての本当の幸せにつながることだろうなっていうふうな結論に至ったんですよね。 三上:うーん。 吉村:ただ、そのバリューフォーミュラっていう、5つの価値の組み合わせっていうのが一人一人違うから、だからそういう意味では、その人にとっての幸せの正解みたいなものっていうのは人の数だけあるし、しかもその人にとっての幸せも、正解も1つじゃないっていうね。要はバリューフォーミュラっていう抽象度が高い価値観に沿った生き方ができていれば、その人の魂がワクワクすることで満足感であったりとか、充実感であったりってのも得られるし、その結果高いパフォーマンスを発揮することができるから、それが周りの人たちに価値を提供することにつながるので、そこをうまく収益化する仕組みが作れれば、自分が得意なこと、好きなことをやっていて人から感謝されて、それで生活もできるようになるみたいな流れが作れるわけですよね。 三上:うーん。なるほどですね。 吉村:このバリューフォーミュラっていうのは、いろんな形が違うけど、全部その人にとっての愛の表現になるわけですよ。 三上:うーん。そうですね。 吉村:だから、これが愛のエネルギーで人が活動していたら、争いとかになりようがないはずなんですよね。 三上:うーん。そうですね。 吉村:その愛を表現する対象って、別に人間だけに限らず、周りの環境だったり、地球そのものに対しても愛をもって接していたら、環境破壊とかにはならなくて、ちゃんと地球とどう共存していこうか、みたいな発想になるはずなんですよね。 三上:うーん。そうですよね。 吉村:だからそういう意味で言うと、ひとつ共通したもので言うと、ちゃんと愛に基づいて生きているかどうかって話になるわけですよね。 三上:うーん。なるほどですね。そうなんですよ。いろいろありすぎて、自分の中で魂がワクワクすることって多いなって、みんないろいろ違うと思うんですけど、最近多いなって思うんですけど、その中で自分以外のことで何ができるんだろうっていうふうに、私の中でふと思ったりして、地球の環境とかもそうですし、周りの社会貢献、地域貢献とかって思ったりとか、いろんなものがありすぎて。私の場合はそうなんですよね(笑)。 吉村:そうですね。でもいろいろある中から何を選んでいくかっていう時に、自分の魂が一番ワクワクすることっていうのを常に選ぶようにしていくってことですよね。この魂のワクワクって、必ずしもいわゆる高揚感みたいな感じで表れるとも限らないんですけどね、すごい穏やかな、じんわりくるような感覚で表れる場合もあるし。だから、人ってカタルシス、「何かよくないことから逃れられた、ヤッター」みたいな状態でも、興奮状態になるわけですよ、高揚するので。それをワクワクっていうふうに勘違いしちゃうケースもあるから、そこはちょっと気を付けたほうがいいんですけど。だから、カタルシスではなくて、本当に自分の奥底から湧き上がってくるような幸せとか充実感みたいなものっていうのが得られるはずなんですよね、その人のバリューフォーミュラに沿った在り方でいると。なので、それが何をしたらそうなるかっていうのは一人一人違うから、具体的な行動レベルだとこれをしなさいっていう共通のものはないんですけど、言ってみれば、「あなたらしい愛の表現をするとうまくいくと思いますよ」みたいな話にはなっちゃうんですけどね(笑)。 三上:(笑)そうですよね。みんな違い、正解がないから、そうですよね。ああ、なるほどですね。じゃあ無理なく自分がやっていて本当に「ああ、いい」って思ったものを出して、手を向けて向き合っていけばいいですね。 吉村:そうですね。 三上:うーん。なるほどですね。分かりました。そうですよね。何度もお話の中で出てくるのは、バリューフォーミュラと愛のお話はいろんなテーマの中でも、結局はそれにつながってきますものね。 吉村:そうですね。だから、そこにつながっていれば、好きなことをやっているんだけど、それが誰かに対する貢献に自然となっているみたいな感じになるので、そうすると、無理なく楽しく生きているんだけど、何かよくわかんないけど周りの人から感謝されるようになるみたいな、そんな流れが作れればだいぶ人生うまくいってるなあって言えるんじゃないんですかね。 三上:そうですね。改めて皆さんはどうでしょうか。たまに私あるんですよ。良かれと思って、自分も楽しくてやってるはずが、「あ、これしんどいな」っていう時があるんですよ。多分それは、心から私は楽しんでないなっていうふうに、そこはちょっと見つめ直すようにはしているんですけど。 吉村:そうですね。そうなってるってことは、どこかボタンの掛け違えが起きているってことなので、そこをちゃんと直していくってことをコツコツやっていけば、ちょうどいい、しんどくないんだけど、ハイパフォーマンスでみんなから感謝されて、みたいな流れが作れるわけですよね。 三上:うーん。なるほどですね。さあ、皆さんはどうでしょうか。話を聞いている中で皆さんもちょっと感じる部分とか、あ、こういうの見つけたいなって思っている方もいらっしゃると思いますので。ぜひ皆さん、自分のワクワクする奥の気持ちを大切にして日々過ごしていただきたいですね。 吉村:そうですね。 三上:うーん。今日のテーマは「今の私たちはどう生きる?」を取り上げてみました。吉村さん、本日もありがとうございました。 吉村:ありがとうございました。