ドイツのメディアから

Yuri Sawabe & Yu Minobe

ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。 番組への感想などは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。 沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。 美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。

49. トルコの役割から見るウクライナ戦争の複雑な世界地図
4日前
49. トルコの役割から見るウクライナ戦争の複雑な世界地図
2月24日にロシアがウクライナに侵攻してからおよそ半年。先日、停止していたウクライナからの穀物輸出が初めて再開されたというニュースが飛び込んできました。そこで役割を果たしたのがトルコ。このニュースを出発点にして、現在進行中のウクライナ戦争の一筋縄ではいかない、利益の絡み合いを紐解いていきます。   ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
48. 芸術表現の自由と反ユダヤ主義:documenta fifteenをめぐる議論
31-07-2022
48. 芸術表現の自由と反ユダヤ主義:documenta fifteenをめぐる議論
現在、ドイツ・カッセルで開催中の国際芸術祭documenta fifteenをめぐり、ドイツでは議論が巻き起こっています。芸術表現はどこまで自由であるべきで、どこからが(あるいはそもそも)規制されるべきなのか。特にドイツでは繊細なテーマである反ユダヤ主義が関わると、問題は一層複雑になります。詳しく解説いただきました。   ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
47. 女性の選択か、殺人か?人工妊娠中絶をめぐるドイツの150年
17-07-2022
47. 女性の選択か、殺人か?人工妊娠中絶をめぐるドイツの150年
「刑法218条と219条a」と聞いてパッとテーマが思い浮かぶ方はかなりドイツの社会事情にお詳しいと言えるかもしれません。これらの条文は人工妊娠中絶をめぐるもので、この議論はドイツ帝国時代から150年の歴史があります。6月に起きたある出来事をとっかかりに、人工妊娠中絶をめぐる現在のドイツの議論を、社会史的に振り返りながら取り上げます。 ※一部、性暴力に言及する箇所があります。ご視聴に際して負担に感じる場合は再生を中断したり、どなたかと一緒にお聴きになるなどして、ご自身に負担のかからないようになさってください。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。 沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。 美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
46. ある一時代の肖像:メルケル前首相という政治家
03-07-2022
46. ある一時代の肖像:メルケル前首相という政治家
今回取り上げるのは、昨年末政界を引退したアンゲラ・メルケル首相です。一冊の本をベースに、政治家としてのメルケル氏の4つの特徴、そしてメルケル氏が女性であることは意味を持ったのかなど、詳しく解説いただきます。 ご紹介した本のAmazonページ:Die Kanzlerin: Porträit einer Epoche ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。 沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。 美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
45. ドイツの危うい中国依存
19-06-2022
45. ドイツの危うい中国依存
ロシアのウクライナ侵攻を受け、ドイツで中国との関係への関心が高まっています。中国との歴史的な関係から、いかにドイツが中国に依存しているか、そしてどのようにしてそこからの脱却が模索されているか、解説いただきます。 ★番組中にご紹介したZDF(公共放送・第二ドイツテレビ)の番組 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。 沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。 美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
44. 戦後の対ロシア外交をめぐる議論ー全てが過ちだったのか?
05-06-2022
44. 戦後の対ロシア外交をめぐる議論ー全てが過ちだったのか?
今回は、戦後ドイツ連邦共和国がとってきたいわゆる東方外交を取り上げます。ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ドイツでは過去の東方外交についての議論が多くなされています。経済的な結びつきを強くすれば、戦争には発展しない、という従来の方針の転換を迫られているドイツの現状を解説いただきます。 ★番組中にご紹介したZDF(公共放送・第二ドイツテレビ)の番組 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。 沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。 美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
43. ウクライナへの兵器供与をめぐる議論:2通の公開書簡から
22-05-2022
43. ウクライナへの兵器供与をめぐる議論:2通の公開書簡から
ウクライナへの兵器供与をめぐり、ドイツでは世論を二分する議論が起きています。今回は、4月末から5月頭にかけて相次いで公表された二通の公開書簡を出発点として、この議論を追うとともに、この議論が起きていること自体の意義についてお話しします。 第一の公開書簡(2022年4月29日、EMMA誌、武器供与に反対の立場) 第二の公開書簡(2022年5月4日、ZEIT誌、武器供与に賛成の立場) 番組中でご紹介したMDR(公共放送・中部ドイツ放送)の討論番組 ※一部、収録時にミスがあったため、収録し直した音声を編集で組み入れています。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。  番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 [番組内で引用した音源] "Tag der Arbeit: Bundeskanzler Scholz spricht auf DGB-Kundgebung in Düsseldorf“  by Tagesschau via YouTube (
42. マクロン勝利でホッと一息、とはいかないドイツとEU
08-05-2022
42. マクロン勝利でホッと一息、とはいかないドイツとEU
2022年4月、フランス大統領選挙が行われ、決選投票で現職のエマニュエル・マクロン氏が再選を果たしました。日本から見ているよりも、欧州、ドイツでは「ルペン大統領」誕生のシナリオに対する危機感が強いようです。その背景について解説いただきました。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。  番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
41. ウクライナからの難民をめぐる議論ー「2015年」の再来なのか?
24-04-2022
41. ウクライナからの難民をめぐる議論ー「2015年」の再来なのか?
ドイツにはすでに数十万人のウクライナからの難民が到着しています。ドイツにおける近年の「難民問題」について語るとき、避けて通れないのが2015年ー16年にシリアをはじめとする中東から到着した難民の方々です。今回は、2015年の難民と、現在のウクライナからの難民について、その違いやドイツでの対応について解説いただきます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。  番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
40. インスタグラムとドイツ政治
10-04-2022
40. インスタグラムとドイツ政治
メルケル氏のインスタグラムを見たことがありますか?今回は、副首相兼経済・気候保護担当大臣のロベルト・ハーベックがインスタグラムに投稿して話題になった動画を出発点に、現在のドイツ政治とインスタグラムについて解説します。そもそもインスタグラムとは?というところから、ドイツの政治家のインスタ事情、そしてドイツの政治文化にとってインスタグラムが意味するものについて、お話しします。 🎥ハーベック大臣の動画はこちら 🤳メルケル前首相のインスタグラムはこちら 📸ショルツ現首相のインスタグラムはこちら ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。  番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
39. ウクライナ戦争で露呈したエネルギーのロシア依存
27-03-2022
39. ウクライナ戦争で露呈したエネルギーのロシア依存
ウクライナへの侵攻が始まってから1ヶ月。ドイツでの報道の重点は、日々の戦線での出来事に加えて経済情勢、とりわけエネルギー依存の問題に移っています。ヨーロッパの中でもとりわけロシアへのエネルギー依存度が高いドイツの現状と、グリーンエネルギーへの転換を掲げるドイツが置かれた立場について、解説します。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。  番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり  日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
38. ウクライナ続報&連邦大統領の役割にみる現代ドイツのあり方
13-03-2022
38. ウクライナ続報&連邦大統領の役割にみる現代ドイツのあり方
今回は、ウクライナ情勢に対するドイツ国内の反応の続報と、連邦大統領が果たす役割について解説いただきます。連邦首相については日本でも多く報じられますが、連邦大統領は何をしていて、何のために存在するのか?大統領の歴史を遡り、発する言葉に耳を傾けると、それが浮かび上がってきます。 連邦大統領のホームぺージ(ロシアの侵攻についてのステートメント):   番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり  日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 [番組内で引用した音源] "Bundespräsident Steinmeier verurteilt russischen Angriff auf die Ukraine‘“  by Tagesschau via YouTube (
37. 欧州で戦争が始まったーウクライナ情勢の展開と歴史
25-02-2022
37. 欧州で戦争が始まったーウクライナ情勢の展開と歴史
今回は、前回から告知していた通り、ウクライナ情勢について解説いただきます。残念ながら戦争という事態に発展してしまいました。刻一刻と状況は変化しますが、今回は歴史に重点を置き、なぜこうなったのか、ドイツのメディア報道から解き明かします。  ※今回は例外的に通常の配信日より早く配信しています。 ※一箇所訂正があります:ポーランド、チェコ、ハンガリーのNATO加盟年は1990年ではなく1999年です。  ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。  番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
36. ホロコーストに関するテレビ番組を振り返るーー時代とともに変化する視点、変化しない姿勢
13-02-2022
36. ホロコーストに関するテレビ番組を振り返るーー時代とともに変化する視点、変化しない姿勢
ドイツの公共テレビ局が毎年複数本制作する、ホロコーストに関係するドキュメンタリーや再現映画。どういうときに放映されるのか、どのような番組が作られているのか、そしてなぜこういった番組は作り続けられるのか?30年以上ドイツメディアを観察してきた沢辺さんの視点で、ホロコースト報道の中でずっと変わらないもの、そして変わり続けるものについて考えます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。  [番組内で引用した音源] "Die Wannseekonferenz - Die Dokumentation‘“  by ZDF via ZDF-Mediathek (
35. ユーロ流通開始から20年 & 今年の言葉2021
30-01-2022
35. ユーロ流通開始から20年 & 今年の言葉2021
2002年1月1日、ユーロの硬貨と紙幣の流通が始まりました。その日を直接経験した沢辺さんに、通貨が変わるという歴史的体験と、そこから20年経ったユーロの持つ意義、現状について解説いただきます。冒頭では昨年の「今年の言葉」をご紹介しています。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
34. Brexitの現状:本格スタートから1年が経って
16-01-2022
34. Brexitの現状:本格スタートから1年が経って
イギリスのEU離脱「Brexit」がギリギリ成立し、2020年という移行期間を経てEU(ドイツ)とイギリスが本格的に新たな関係となってからおよそ1年。Brexitの現状をフランクフルトから報告します。意外にも、ソーセージや魚が大問題に発展?!最後までお楽しみください。 🎍あけましておめでとうございます。本年も「ドイツのメディアから」を宜しくお願いいたします!🎍 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
33. ワクチン義務化議論とドイツ社会
19-12-2021
33. ワクチン義務化議論とドイツ社会
今回は、現在ドイツで再拡大しているコロナから話を広げ、ドイツで議論されているワクチンの一般義務化をめぐる議論を深堀りしていきます。 ★今回が年内最後の配信となります。次回配信は1月16日を予定しています。良い年末年始をお過ごしください! ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
32. EUの試練:ベラルーシ国境の難民
06-12-2021
32. EUの試練:ベラルーシ国境の難民
今回は、EUで現在再び大問題に発展している、ベラルーシ国境の難民を解説いただけます。冒頭には今週大きな動きがあった、時期政権成立までのアップデートをお届けします。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
31. 政党を超えた連帯も有り?!ドイツ政党の若者組織と政治のこれから
21-11-2021
31. 政党を超えた連帯も有り?!ドイツ政党の若者組織と政治のこれから
今回は、現在の連立交渉で「親」政党に圧力をかけているドイツの各政党の若者組織に注目します。そこから、ドイツ政治の大きな変化も見えてきます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。