#387 納豆の摂取による動脈硬化の抑制に腸内細菌叢が関係している?

腸内細菌相談室

03-02-2024 • 17分

#腸内細菌相談室 の鈴木大輔です!

※修正のお知らせとお詫び

今回のエピソードにてアロテームとして紹介しておりました単語は、正確にはアテロームです。誤った情報を発信してしまい申し訳ございませんでした。

アテロームの語源に関する記載を調べてみると、次の論文に紹介がありました。
Li JJ, Fang CH. Atheroscleritis is a more rational term for the pathological entity currently known as atherosclerosis. Med Hypotheses. 2004;63(1):100-102. doi:10.1016/j.mehy.2004.01.029
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0306987704001264?via%3Dihub
語源であるathéré(ギリシャ語)は粥を意味する
コレステロールの沈着、線維化、石灰化から粥状になることに由来しています。

今回は、納豆が与える動脈硬化への影響を明らかにした、筑波大、おかめ納豆で有名なタカノフーズの共同研究をご紹介します!

参考文献

Kawamata, T., Wakimoto, A., Nishikawa, T. et al. Natto consumption suppresses atherosclerotic plaque progression in LDL receptor-deficient mice transplanted with iRFP-expressing hematopoietic cells. Sci Rep 13, 22469 (2023). https://doi.org/10.1038/s41598-023-48562-y

https://www.nature.com/articles/s41598-023-48562-y

本エピソードの記事はこちらからチェックしてみてください:

⁠⁠https://chonaisoudan.com/blog/387/⁠⁠

=================================

提供:メタジェンセラピューティクス株式会社

メタジェンセラピューティクス株式会社についてメタジェンセラピューティクス株式会社は「マイクロバイオームサイエンスで患者さんの願いを叶え続ける」ことをミッションとして、腸内細菌研究に基づいた医療と創薬でソーシャルインパクトを生み出す大学発ベンチャーです。順天堂大学の医師と慶應義塾大学、東京工業大学の研究者が共同創業し、「腸内細菌叢移植療法(FMT)」の社会実装と、「FMT起点のリバーストランスレーショナル創薬」を推進しています。

・HP:⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://www.metagentx.com/⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠・Twitter:⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/metagen_tx⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

=================================

******イントロ音楽******

Artist : Kiichi

マーチングスネアドラマー兼作編曲者

YouTube: ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://youtube.com/@KiichiKobayashi⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

Instagram: ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://instagram.com/Kiichi_Kobayashi⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

Twitter:⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/KiichiKobayashi⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

*************************

腸内細菌相談室の各種SNSはこちら!

Twitter: ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://twitter.com/chonai_saikin⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠

Instagram: ⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠https://www.instagram.com/chonai_saikin/

--- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/chonai-saikin/message